タグ:モーツァルト英会話 ( 6 ) タグの人気記事

Parrot's Lawの結果はいかに

Parrot's Law全部終了記念にまとめを!


ステップ1
全部で9曲 総時間 87.5時間 1曲あたり約3分

ステップ2
全部で7課題 総時間 23.2時間 1課題あたり約2分

ステップ3
1課題 12分 総時間 20時間

合計 130時間50分

と、このようなところ。
圧倒的にステップ1に比重が!まぁ、本来ならば9曲もする必要はなかったんだけど。


良かった点

1 ステップ1の練習で発音記号をみながらするので記号を覚えられた。

2 最初にFly me to the moonとIn my life(両方とも英語耳ドリルより)を300回聞いたので後のステップ2の2分を100回やステップ3が楽に感じられた。(繰り返すことへの抵抗感の薄れ)

3 このおかげで(これから始めると思われる)本格的な音読練習やなにかを繰り返して練習したりする事も案外スッと入れるような気がしている。(あくまで「気」デス)

4 発音バイエルでの単音練習を歌又は文章で確認できた。これ結構重要。今までは耳から入ってきた音を(自分の中では)完璧に真似して発音していたけど、バイエルで動きを練習したおかげで「これが正しいだろうな」と思いながら発音できる。

悪かった点

1 Parrot'sのせいじゃないけど、時間がかかりすぎた。

2 TOEIC模試での期待に応えられなかった。(コレ後述)

3 英語耳ドリルの選曲は好みに合っていなかったのでコレちょっとキツカッタ。7,80年代の洋楽ポップスが好きな人は凄く合うのではなかろうか。

4 1日あたりに聞きすぎたきらいがあったため効果的にできたかわからない。

5 ステップ3の素材を見つけるのは案外困難。



他にもあった気がしたけど忘れてしまった。

でもって気になる模試結果。
Parrot's Lawの効果を客観的に見てみようと思い、ステップ2開始前、終了後、ステップ3終了後の3回、TOEICの練習問題(モチロン旧式)のリスニングパートをしてみた。
3回とも同じ問題だけど、答合わせはは3回目が終わって初めて1,2回目の分もした。
各回だいたい一ヵ月後にした。

結果

TOEICパート     パート1     パート2     パート3     パート4     合計

ステップ2開始前    9/10     20/22     14/22     12/20    55/74

ステップ2終了後    9/10     21/22     13/22     15/20    58/74

ステップ3終了後    10/10     21/22     15/22     15/20    61/74

と、このようなものとなった。

殆ど変わってないじゃん!!

そうなのです、殆ど変化なし。問題はパート3,4が微増しただけという事。難しいのはここだから、ここが変わっていなければ実力は変わってないってことじゃない?しかも今回同じ模試を使っているから「記憶」が有利に働く事もあるわけ。

実際に問題を聞いているときに「あーここは覚えている」っていうのも何度か確認したが、「確実にわかるようになっているゾ!」といった類の感覚がなかった!!!3回ともわかんなかった問題も多々。

という事は、

今回Parrot's Lawによるリスニング向上はあまりなかった。

となるかもしれん!!!えーーーそんなぁ!!!

せっかく何ヶ月も修行のようにやったのに!!!って思ってもダメデス。
しかし、テストに現れなくても潜在効果が蓄えられているんじゃないか?そうだ、必ずそうだ。
確かに、こういう結果になったとおもわれるフシはいくつかあって、まず①1日に2,30回やってたときもありペースが悪かったのではないか。②洋楽は昔から聞いて歌っていたので、それをした事がない人への効果に比べると随分低かったのではないか。③前からそこそこ聞くのはできたので、大幅な増強は望めなかったのではないか。あとは、④自分にあっていなかったか、⑤(①含む)やり方が悪かったか。

しかしながら、Parrot's Lawを初めに持ってきたのはなんと言ってもとっつきやすく、やりやすいからだったから。この間に学習ペースをつかみ、本格的(?)練習につなごうと考えたから問題はこの後、この後!!どうつないでいくか。数ある学習指南書の中から。

そんなわけで、今日も図書館へ行きそれらしき書物をかりて参りました。
大体方針は決まっているんだけど、教材(本)にこれまたかなりお金がかかる目算で…。結局は買うんだろうけど。とりあえず、これからは発音バイエル、モーツァルト、モーツァルト英会話(はあと一周で終わりだ)、音読と短文の暗誦練習、とこのようなところどろうか。

地道に頑張って行きます。
[PR]
by ghairk | 2006-08-26 22:22 | 英語

モーツァルト英会話 第四周

今日から二週間ぶりにモーエイ開始。
といってもレッスン7まであるのでレッスン7からは一週間ぶり。
(わかりにくい説明だなぁ。)

この英会話は毎分220語位で若干はやめ。
内容は簡単な会話なのだが、「音声変化の練習」という目的があるため
そのあたりはふんだんに盛り込まれている。

例えば

not at all ノラローッ
what is your ワリジョーッ

みたいな感じの早い会話。

一回目の時は舌が回らなかったところも多かったんだけれども
今日、四周目の1(1-4)をしたら「前よりマシ!」と実感できるほどのちょっとした手ごたえあり

もっともParrot'sステップ3のCD音読ももうすぐ30回(ステップ3の合計はもうすぐ70回)に
なるから少しは上達してくれていないと困るといえばそうですけど。
[PR]
by ghairk | 2006-08-09 22:34 | 英語

Parrot's Law いよいよ佳境へ

遂にステップ1がすべて終了した。
既にステップ2はすべて終わっていて、
Fly me to the moonから始まり、ここまで正直長かったー。

もっとも、通常は9曲もしないでしょうが。

ステップ3の14分記事も中盤に差し掛かりいよいよ、「CD音読→シャドーイング」で、

ここが、Parrot's Lawの圧巻でなかろうかと思っている。

CDの速度は165語/分で、読んでいる人もこれぞ「わかりやすく読んでいる典型」で
かなり遅く聞こえたので180語前後にして音読中。

180語はNHKのアナウンサーの速さかなぁ?しかしながら
通常の英会話というものは200語/分くらいだと思われ、

黒柳徹子さん級になると220語くらいではないかと踏んでいます。
(黒柳さんの速さで英語を話す人がいればということです。アイルランド人とか)

200語で音読するのが理想と思うけど速くするとどうしても音声が機械っぽくなる。
それにいまはまだ200語は厳しいかなぁ。

モーツァルト英会話は水曜からイケガヤシキで復習三回目。
[PR]
by ghairk | 2006-08-07 19:27 | 英語

モーツァルト英会話のその後

大雨から一転してカンカンデリで昼間は燃えている。
夜は蒸すので勉強には向いていません。

いけないいけない、こんな事では。

Parrot's Law(ここに来て打つのが大変と気づいたので以下「Parrots」)の
ステップ3の「最初の20回、何も見ずに聞く!」は昨日で終了の予定だったけど
予定が狂い(最も狂わせたのは私なのだが)今日終了。

ついでにステップ1の最終曲(遂にここまで!)I'm only sleepingも
ここ2日でタッタノ3,4回しか聞けず終い。
ずーと20回で来ていたのに。

ついでついでに、モーツァルト英会話が二回目の復習期に入っておりまして(計三回目)、
乱すことはできないのだがテキストが手元にあらず、シャドー5,6回したのみ。

ガーン。

発音バイエルは最近面倒になってきたため、ミニばっか。

明日から気合入れます。

モーツァルト英会話の解説には「短期間で英語が聞ける話せる、ネイティブの発音になる!」
ってかいてるんだが(実験結果は200人が30分の練習となっていた)残念ながらわたしには
マダそこまでの効果は出ていないモヨウデス。

しかーし!

このCDは凄いのだ!

CDで練習していると日本人特有のなまりを矯正し、
ネイティブのテンポとリズムで英語を聴いたり話したりできるようにプログラミングされている!!

と書いてある!!

凄い!マリーメソッド!!

明日が返却日なので大切なところもう一回読んどこう。
[PR]
by ghairk | 2006-07-29 23:34 | 英語

海馬を騙します!!

池谷裕二さんと糸井重里さんの共書「海馬-脳は疲れない」を読んで
すっかり池谷さんのフアンになりました!(糸井さんスミマセヌ)

脳ってホント面白い。

なので題名にも惹かれて

最新脳科学が教える 高校生の勉強法

を買ってみた。

買ってよかったです。
おびにあるとおり、高校生の時に読んでおきたかったです。

読書感想文のために、全く興味のない小説を読まされた事は忘れない。
でもその内容は忘れた。

例えば、

脳はめんどくさがり屋なので基本的にすぐ忘れる。
→そうか!まったくもってわたしは正常なのだ!

もともとやる気はない。行動し始めてやる気は高まってくる。
→そうか!そうか!やる気が出ないのはやろうと思ってただけだったからだ!
 めんどくさくても5分我慢してやってみよう!

忘れるのが当たり前だから脳をだましてみよう。
→だから復習が大切なのか!!復習して脳に「これは大事だ」っておもわすのだな。

勉強するに当たって科学的視点から実にさまざまな方法、
解説が書かれててとってもためになりました。

中でも、忘却曲線を利用した効果的な復習方法!!
わたしはこれを、池谷式復習方法、

略して、

「イケガヤシキ」

と勝手に呼ぶことにしました。(スミマセン)

そのほうほうとは!!!!

例えば元旦に(←1/1 なぜ元旦かって事は秘密です)
モーエイのシーン1を始めてこなしたとします。

当然やりっぱなしでほたっとけばすぐに忘却の彼方へ旅立ちます。
この辺は得意分野です。
と、笑ってもいられないので復習をしますが、
闇雲にやっても効率が悪い場合もあるので復習の間合いを計ります。

一回目の復習は翌日(1/2)、二回目はその一週間後(1/9)、
三回目はその二週間後(1/23)、四回目はその一ヵ月後(2/23)。


と、その箇所を合計5回やる計算になるのだな、これが。

なのでこれからはこのイケガヤシキを胸に抱いて、復習に励む所存です。
そのための復習カレンダーもコシラエマシタ。

Parrot's Lawも同じことを繰り返す。
復習が大切なんであります。

復習するは我にあり

[PR]
by ghairk | 2006-07-19 22:53 | 日常のヒトコマ

モーツァルト英会話始め!

予告どおり(??)マリーメソッド、モーツァルト英会話開始デス。

それがまた、楽しい!

実は本屋で初めてこの本を見た時は

「モーツァルト英会話?!怪しい。生誕250年だからって何でもかんでも
モーツァルトに頼って!右脳が活性化されて、IQがあがって、免疫が高まって
おまけに今度は英会話ができるのかい!!」


てな感じで冷ややかな印象をもっておりました。
おまけにおびの推薦がヤンキースの松井選手だったので。

今回本をかりて詳しく読むと著者の松田さんは言語学者で
外国語習得法を開発中との事。
マリーメソッドもモーツァルトのほかに、ボサノバ、サルサ等色々あるみたい。

実際してみると、モーツァルトのアレンジ曲に歌や英会話が上手くのって

これが結構楽しい!本日二回目

英会話が物語形式になっていて7つの場面に分かれているので
配分しやすく、繰り返しやっても楽しいんで苦しくない。
歌は「新撰組!」でおなじみジョン・健・ヌッツォさんが美声を聞かせてくれます。

偏見を捨てて当分やってみます。

もうすぐParrot's Lawのステップ1、2にキリが付くので、
これからはステップ3とモーツァルト英会話(打ち込みが大変て事に気づいたため以降「モーエイ」と記す!)
でやっていきますー。
[PR]
by ghairk | 2006-07-19 22:00 | 英語