Parrot's Lawの結果はいかに

Parrot's Law全部終了記念にまとめを!


ステップ1
全部で9曲 総時間 87.5時間 1曲あたり約3分

ステップ2
全部で7課題 総時間 23.2時間 1課題あたり約2分

ステップ3
1課題 12分 総時間 20時間

合計 130時間50分

と、このようなところ。
圧倒的にステップ1に比重が!まぁ、本来ならば9曲もする必要はなかったんだけど。


良かった点

1 ステップ1の練習で発音記号をみながらするので記号を覚えられた。

2 最初にFly me to the moonとIn my life(両方とも英語耳ドリルより)を300回聞いたので後のステップ2の2分を100回やステップ3が楽に感じられた。(繰り返すことへの抵抗感の薄れ)

3 このおかげで(これから始めると思われる)本格的な音読練習やなにかを繰り返して練習したりする事も案外スッと入れるような気がしている。(あくまで「気」デス)

4 発音バイエルでの単音練習を歌又は文章で確認できた。これ結構重要。今までは耳から入ってきた音を(自分の中では)完璧に真似して発音していたけど、バイエルで動きを練習したおかげで「これが正しいだろうな」と思いながら発音できる。

悪かった点

1 Parrot'sのせいじゃないけど、時間がかかりすぎた。

2 TOEIC模試での期待に応えられなかった。(コレ後述)

3 英語耳ドリルの選曲は好みに合っていなかったのでコレちょっとキツカッタ。7,80年代の洋楽ポップスが好きな人は凄く合うのではなかろうか。

4 1日あたりに聞きすぎたきらいがあったため効果的にできたかわからない。

5 ステップ3の素材を見つけるのは案外困難。



他にもあった気がしたけど忘れてしまった。

でもって気になる模試結果。
Parrot's Lawの効果を客観的に見てみようと思い、ステップ2開始前、終了後、ステップ3終了後の3回、TOEICの練習問題(モチロン旧式)のリスニングパートをしてみた。
3回とも同じ問題だけど、答合わせはは3回目が終わって初めて1,2回目の分もした。
各回だいたい一ヵ月後にした。

結果

TOEICパート     パート1     パート2     パート3     パート4     合計

ステップ2開始前    9/10     20/22     14/22     12/20    55/74

ステップ2終了後    9/10     21/22     13/22     15/20    58/74

ステップ3終了後    10/10     21/22     15/22     15/20    61/74

と、このようなものとなった。

殆ど変わってないじゃん!!

そうなのです、殆ど変化なし。問題はパート3,4が微増しただけという事。難しいのはここだから、ここが変わっていなければ実力は変わってないってことじゃない?しかも今回同じ模試を使っているから「記憶」が有利に働く事もあるわけ。

実際に問題を聞いているときに「あーここは覚えている」っていうのも何度か確認したが、「確実にわかるようになっているゾ!」といった類の感覚がなかった!!!3回ともわかんなかった問題も多々。

という事は、

今回Parrot's Lawによるリスニング向上はあまりなかった。

となるかもしれん!!!えーーーそんなぁ!!!

せっかく何ヶ月も修行のようにやったのに!!!って思ってもダメデス。
しかし、テストに現れなくても潜在効果が蓄えられているんじゃないか?そうだ、必ずそうだ。
確かに、こういう結果になったとおもわれるフシはいくつかあって、まず①1日に2,30回やってたときもありペースが悪かったのではないか。②洋楽は昔から聞いて歌っていたので、それをした事がない人への効果に比べると随分低かったのではないか。③前からそこそこ聞くのはできたので、大幅な増強は望めなかったのではないか。あとは、④自分にあっていなかったか、⑤(①含む)やり方が悪かったか。

しかしながら、Parrot's Lawを初めに持ってきたのはなんと言ってもとっつきやすく、やりやすいからだったから。この間に学習ペースをつかみ、本格的(?)練習につなごうと考えたから問題はこの後、この後!!どうつないでいくか。数ある学習指南書の中から。

そんなわけで、今日も図書館へ行きそれらしき書物をかりて参りました。
大体方針は決まっているんだけど、教材(本)にこれまたかなりお金がかかる目算で…。結局は買うんだろうけど。とりあえず、これからは発音バイエル、モーツァルト、モーツァルト英会話(はあと一周で終わりだ)、音読と短文の暗誦練習、とこのようなところどろうか。

地道に頑張って行きます。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-26 22:22 | 英語

Parrot's Lawが全部終わった

遂にステップ3終了。
最後の10回だけでなんで10日近くかかってんでしょう?

さては油断なのか?

昨日終わったので早速例のTOEIC模試問題をしてみた。
でもって過去二回とあわせて初めて答え合わせ。

果たして結果はというと、
これがなんとも言えないものでございました。

つづく
[PR]
# by ghairk | 2006-08-24 22:57 | 英語

〆に時間がかかりすぎている

ステップ3が最後の10回なのにここ数日一日1回の超鈍速。
果てはミニバイエルも手付かずで、英語関係完全に夏バテギミでアリマス。

マズイナァ。

八月は色々ありすぎってこともあるし。(ほぼいいわけ、いつもの)
特に戦争関連のことなど。
あと、夏休みだし、小学生が懐かしい。

なんだかんだで、惰性が習慣にならんよう注意が要。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-21 23:59 | 日常のヒトコマ

ステップ3がもうすぐ終わる

Parrot'sも最終盤。
必死にシャドーイングをして残すところ「成果を確認しながら聞く」の10回。

この前は炎天下の中ウオークマンをもって散歩しながら一時間シャドーに励み、
スリッパだったため足がとても痛くなるということもありました。

歩きながらの音読は確かにいいと思う。
声がしっかり出るというか、英語が生き生きしてくるというか。

何はともあれ、お盆はいいですね。
いやぁ、お盆はいい。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-15 13:42 | 英語

影語開始

ステップ3が遂に(というほどでもないが)シャドーイングに突入。
この調子だと来週中にはParrot'sが全て終了できる見通しであります。

からだを揺さぶる英語入門

まだ読みかけなのだが、またしても触発され音読時に机に座って読むよりも

「立って読む、更には部屋を歩いてウロウロしながら声に出す!」

を取り入れることにしました。

齋藤教授は身体論が専門で日本語名文音読ブームを巻き起こした方の中のおひとりでしょう。
確かに英語は日本語と比べると腹から声を出して全身で表現している感じのする言語ですね。

例) オーマイガー といいながら目は天を仰ぎ、肩に力を入れて手のひらを上へ向ける

みたいな。

全身で表現する、「からだを揺さぶる」英語入門。

響きがいい。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-10 23:47 | 英語

モーツァルト英会話 第四周

今日から二週間ぶりにモーエイ開始。
といってもレッスン7まであるのでレッスン7からは一週間ぶり。
(わかりにくい説明だなぁ。)

この英会話は毎分220語位で若干はやめ。
内容は簡単な会話なのだが、「音声変化の練習」という目的があるため
そのあたりはふんだんに盛り込まれている。

例えば

not at all ノラローッ
what is your ワリジョーッ

みたいな感じの早い会話。

一回目の時は舌が回らなかったところも多かったんだけれども
今日、四周目の1(1-4)をしたら「前よりマシ!」と実感できるほどのちょっとした手ごたえあり

もっともParrot'sステップ3のCD音読ももうすぐ30回(ステップ3の合計はもうすぐ70回)に
なるから少しは上達してくれていないと困るといえばそうですけど。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-09 22:34 | 英語

I'm only sleepingでジョンがいいたかったこと

先に書くはずだっがが忘れていた。

しまった。

個人的解釈で、この歌では

ジョンとおもわれる「あくび」ともう一つ、この部分

Running everywhere at such a speed
Till they find there's no need


が、すべてではないのかと感じた。

「みなさん結構な速さでどこそこ走り回っているね。まぁ、そんな必要ないっていずれ気づくよ」

「あくび」は絶対入れたかったと思います。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-07 19:47 | ふと、想う

Parrot's Law いよいよ佳境へ

遂にステップ1がすべて終了した。
既にステップ2はすべて終わっていて、
Fly me to the moonから始まり、ここまで正直長かったー。

もっとも、通常は9曲もしないでしょうが。

ステップ3の14分記事も中盤に差し掛かりいよいよ、「CD音読→シャドーイング」で、

ここが、Parrot's Lawの圧巻でなかろうかと思っている。

CDの速度は165語/分で、読んでいる人もこれぞ「わかりやすく読んでいる典型」で
かなり遅く聞こえたので180語前後にして音読中。

180語はNHKのアナウンサーの速さかなぁ?しかしながら
通常の英会話というものは200語/分くらいだと思われ、

黒柳徹子さん級になると220語くらいではないかと踏んでいます。
(黒柳さんの速さで英語を話す人がいればということです。アイルランド人とか)

200語で音読するのが理想と思うけど速くするとどうしても音声が機械っぽくなる。
それにいまはまだ200語は厳しいかなぁ。

モーツァルト英会話は水曜からイケガヤシキで復習三回目。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-07 19:27 | 英語

毎日モーツァルトを聴く

読む本、読む本に影響されるのもどうしたものかとーーーー

思うのですがー、

奇跡の「聴覚セラピー」―心とからだを癒す「音」の世界

を例のごとくかりて読んでみた。

トマティスセラピーはすごいと思った。
モーツァルトはすごいと思った。
でもってイルカはすごいと思った。


そのセラピーは語学習得でも有名で体質や性格、持病、自閉症にまで
効果をみとめているから本当に「奇跡の」セラピーでしょう。

もっとも、興味はその語学にあったので早速HPを見てみますがーーーー、

経済的に手が出ない。(大)
地理的に難しい。(小)



なので、自力でこれに近い事を擬似的にしてみようと試みる。
人間、経済的に豊かでなければ知恵を働かせるものなのか。

モーツァルトの曲のCD約70分をパソコンで
8KHz以下の周波数をカットしてCD-Rを製作。
これを毎日、ヘッドホンで一ヶ月聴いてみるべし!!!

フリーソフト使っての加工なんで、音質がそのとおりになってるかとか、
CD-Rに焼いてるので周波数だめになってんじゃないのとか、
普通のヘッドホンなんで意味ないんじゃないのとかいう疑念はまとわりつきますがーーー

疑似薬効果っていうのがあるじゃないですか。

ちなみに、こんな事より地道に「音読に励めよ」って言う気持ちは常にもっているのである。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-05 16:44 | 英語

トラックバックで100万円の旅が!

合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!

すげー!
エイサイトブログで100万円の旅行が毎週あたるキャンペーンしてる!!

抽選だけどトラックバックすればいいだけのようなんでためしにしてみる。

とらぁーーっくばーーーーっく!
[PR]
# by ghairk | 2006-08-03 18:57 | 日常のヒトコマ

プールの中

こう暑いとプールで泳ぐのが気持ちいい~。

今日も午後からいつものプールに泳ぎにいったら
またしてもちびっこがたくさんいて楽しそうでした。

いつも気になることがあるんだなぁ。

そう、ばんそうこう沈んでいるんです。
大抵いつもあるんです。

なんで、泳ぐ前にはずさないんでしょうね?


水に入る → ばんそうこうがふやける → 外れる → 外れたのに気づく

→ 探すのが面倒なんでそのまま

こうなる事って目に見えてると思うんだけども。

いい具合に疲れているので今夜はいい加減で英語を切り上げて眠りにつきたい。
昨夜は寝つきが悪く、頼みのグリシンを投入したから。
(その後30分以内に寝たと思われる)

Parrot'sのステップ1のI am only sleepingがラスト50回となりました。
この曲も非常にコッテいて、油断したら催眠みたいに眠くなります。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-02 23:11 | 日常のヒトコマ

ビタミンB12とグリシン

グリシンがおもったほどではなかったので今度はビタミンB12を摂って見た。

一ヶ月くらいたつかなぁ。

普通に食事でまかなうには豚肉とかたくさん食べないといけないし、
しかも毎日は無理なんで例によって錠剤です。

ネイチャーメイド ビタミンB12

なぜビタミンB12かって言うと、
このビタミンは光に対する感受性を高めて体内時計を正常にする働きがあるそうです。

ドリエル摂るよりはいいっすよね。安価だし。

でもって、効果の程は、

うーん、恐らくグリシンより効いたとおもわれる、わたしには

午後起き常連だったのがここ最近は何とか午前中に起床できているのでB12の効果だと思われます。

でも相変わらず、

六時前の涼しい時間に起きて、
朝ごはんを食べる前に近くの神社まで散歩して、
朝を有効に使う!!


という理想は持つだけ持っています。

理想に近づきたい。


<体内時計を戻すポイント集>

● 眠る時間がずれても、起きる時間はずらすべからず!

● 目覚めたら2,30分はお日様にあたる!
 (紫外線大変なんで日陰で。UV止め、UVカットメガネをわすれず。
  無理な時は極力窓際へ。)

● 起きてできるだけ早く朝食を摂るべし!
 (ブドウ糖を摂りたいのでパンと珈琲よりご飯が良い。できるだけたくさん。)

以上が体内時計を正常に保つコツです。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-01 23:02 | 日常のヒトコマ

納涼花火大会

今日花火大会がありました。

納涼」っていうのがいいですねぇ、響きがいいです。
なんとなく英語では表現しきれないんではないか?と思ったりして。

しかし、花火大会ともなれば人は多いし、面倒なんで窓から眺める事に。
これがまた音がすごいのなんの

どんどんどーーーん、どどどどどどーーーーん!

とても綺麗でした。花火。

実は昔花火は日本の専売特許とばかり思っていました。
お恥ずかしい。
なので、ミレニアムのロンドンでバンバンあがっていたのを見て驚いた。

花火のおかげで涼しく感じてきました。
[PR]
# by ghairk | 2006-07-30 23:06 | 日常のヒトコマ

モーツァルト英会話のその後

大雨から一転してカンカンデリで昼間は燃えている。
夜は蒸すので勉強には向いていません。

いけないいけない、こんな事では。

Parrot's Law(ここに来て打つのが大変と気づいたので以下「Parrots」)の
ステップ3の「最初の20回、何も見ずに聞く!」は昨日で終了の予定だったけど
予定が狂い(最も狂わせたのは私なのだが)今日終了。

ついでにステップ1の最終曲(遂にここまで!)I'm only sleepingも
ここ2日でタッタノ3,4回しか聞けず終い。
ずーと20回で来ていたのに。

ついでついでに、モーツァルト英会話が二回目の復習期に入っておりまして(計三回目)、
乱すことはできないのだがテキストが手元にあらず、シャドー5,6回したのみ。

ガーン。

発音バイエルは最近面倒になってきたため、ミニばっか。

明日から気合入れます。

モーツァルト英会話の解説には「短期間で英語が聞ける話せる、ネイティブの発音になる!」
ってかいてるんだが(実験結果は200人が30分の練習となっていた)残念ながらわたしには
マダそこまでの効果は出ていないモヨウデス。

しかーし!

このCDは凄いのだ!

CDで練習していると日本人特有のなまりを矯正し、
ネイティブのテンポとリズムで英語を聴いたり話したりできるようにプログラミングされている!!

と書いてある!!

凄い!マリーメソッド!!

明日が返却日なので大切なところもう一回読んどこう。
[PR]
# by ghairk | 2006-07-29 23:34 | 英語

水泳は身体にいいのか?

昼間は久し振りに晴れ渡り布団を干す。

残念ながら雨が降り出したため片面のみ。

残念。

最近恒例になりました、(自分の中で)週二回の水泳。
今日も夕方からプールへ行くも、またしても雨に遭い水に入る前にぬれる。

これまた残念。

夏休みだからだろうか人が多くちびっ子も大勢。
子供は何であんなに楽しいのだろうか?
うらやましい限りです。
鼻に水が入っても楽しくて仕方ない!

プールで二時間ばかし泳ぐと大抵良く眠れるのだけど、
バテバテで帰った後に学習はハカドラナイ。

プールで泳ぐ事って健康的なのだろうか?
一説には運動効果よりも塩素の害が大きいからやめた方がいいとも言われる。

それよりも気になることは結構常連さんのようで良く見かける人が
数ヶ月たってもあんまし変化がないように感じられ、
まぁ、それは本当に余計なお世話ではあるのですが、
プールで見かける人って、中々ご立派な体格の方が多いような気も致しまして。
失礼しました。

プール熱が大流行なので気をつけないと。
[PR]
# by ghairk | 2006-07-26 23:22 | 日常のヒトコマ