只管朗読開始から二ヶ月

60日経過!
何とか毎日こつこつと粘って続いております。

しかしながら只管朗読になっているかは、「??」です。
なんせ注意力散漫ですから・・・。

池谷さんの本には脳みそ的に言って学習開始から効果がでるまで
最低でも三ヶ月かかるって書いてあったから90日続くかが最初の勝負所でしょう。
ぜったい音読の解説にも「3ヶ月で変化、3年で結果」と載っていた。

同じ音読の教材で影誦、復誦しすぎるのもまずいかも。
っていうのが、どーも、いわゆる「CM音楽効果」みたいなのが出てきてしまって
音のリズムで記憶して音読で流しているかんじ。
だから影誦、復誦の時に「集中力のない、脳が楽になった読み」になっているのだろう。

次なる教材は音読専用にしよう。そうしよう。
今日で3課が10周終了です。
[PR]
# by ghairk | 2006-11-01 17:56 | 英語

音読の苦悩

遂に課1が10周終了。
合計400回デス。約2ヶ月。

しかし釈然とせんのです。イマダニ。


第一、音読のとき集中力が超散漫

第二、集中が低いので意味や情景を思い浮かべるのが困難

第三、影誦の時も8割がた意味追いできない(用は集中がまたしてもナイ)

第四、影誦、復誦ともにほかの事をしながらしてしまう(やっぱり集中デキナイ)

結局は集中力の問題だ。

影誦で音や抑揚に注意して行うのをプロソディシャドーイング、意味をしっかり捉えながら行うのがコンテンツシャドーイングと言うらしいのだけど、わたしの場合完全に前者に偏っています。

英語の前に集中力を高めねば!


音を追うべきか、意味を汲むべきか、それが問題だ。

ただ音読各種結構楽になってしまって脳の自動運転が始まっている感じもするので各課10周回ったら次なる教科書を導入します。
続標準編は音読筆写してみようかな。
[PR]
# by ghairk | 2006-10-30 16:25 | 英語

オリーブ油と目玉焼きの話

朝御飯には(必ずしも朝というわけではない)よく目玉焼きをつくる。
栄養があると信じているから。

アメリカでは目玉焼きをサニーサードアップとか何とか言って
裏返して両面焼くのだとか。
たぶんイギリスもそうだったとおもうけど、イギリスの卵料理で更にすごかったのが

ゆでスクランブルエッグ

そうです。いり卵をゆでるのです。
学食ではじめてみた時はびっくりした。
何せ水っぽい。でも形はいり卵。

でもよく考えたらといた卵はゆでられないので、あれは恐らく

蒸しスクランブルエッグ

だったのでしょう。


目玉焼きについてある発見をした。

普通に作ると出来上がってフライ返しでとろうとすると必ずこびりつくのです。
でも、時々全然こびりつかない事がある。
初めは火加減のせいかなと思っていたけど、どうやらそうではないようだ。

使っているフライパンは目玉焼き用のでかなりの年代物。
そのためテフロン加工されていないのです。

そしてある日気づいた!

オリーブ油で作るとさらっと、つるっととれる!!

普通のサラダ油とかコレステロールが気になる人の特保油で作るとこびりつくのです。

なぜだ???
でもすげーー!
しかもエクストラバージンじゃなくても十分。


昔大学で、プロジェクトとかを教えてくれてたダニー(通称ダニ男)教えてくれました。

「イギリスは晴れの日が滅多に無くて顔色が青白い人が多いけど
オリーブオイルをよく摂るようにすると肌の色も小麦色になるんだ」


確かにイタリア人は小麦肌の人が多い気もするけど日光浴するほかに
そういう理由もあったのか。
しかし、真偽の程は不明です。

オリーブ油すごいぞ。
[PR]
# by ghairk | 2006-10-25 21:08 | 日常のヒトコマ

只管朗読のやり方

ぜったい音読の本には1課を

1、CDを聞き推測
2、CDを聞きながら音読
3、テキストを精読
4、音読3回
5、音読筆写3回
6、CDを聞く

と10回繰り返して1日分、12日で12課を1周 カケル 6周が最初の2ヶ月の練習になっている。

しかしながら、國弘教授の国弘流英語の話しかた触発されたわたしとしては500回を目指すという一見無謀っぽい事を試みております。

「ただ、ただ、朗読せよ」が基本なんだけど英語上達完全マップを参考にして自己流変形で取り組んでおります。

サイトでは

1、テキストを見ながらのリピーティング5回
2、音読15回
3、テキストを見ないリピーティング5回
4、シャドーイング5回

で、計30回。これをサイクル法というやり方で6,7周して
30回+20回+15回+10回+10回+10回+・・・という感じで各課合計100回
というやり方が紹介されていた。

500回達成のためにまず50回を10周と考えるのが普通なので、その50回の内訳を

1、CD音読5回
2、テキストを見ながらのリピーティング5回
3、音読20回
4、テキストを見ないリピーティング5回
5、シャドーイング10回
6、音読5回

ってな感じで設定して只管朗読を開始。(9月の初頭の頃)

しかしーーーーソッコウで問題発生。

この、リピーティングってのにはメチャメチャ時間がかかる!一番長い11課の「MARIKO」とかになると1回で8分かかるので合計10回もするとそれだけど80分、他の音読時間とかも考えるとまりこだけで4時間もかかるじゃないかい!

なので上から、10,2,15,2,10,6としてCD音読の前に準備運動ならぬ準備音読5回を追加。これでようやく1課につき2,3時間くらいで収まる事に成功。

4周目あたりから「慣れと飽き」の集中攻撃ををうけ始めた。
毎日50回を2課分するのが面倒になってきたので(4,5時間かかる)6周目からは30回に減らす事にしました。

超ラク!

この配分だと11月10日前後に10周目に到達して合計400回の只管朗読達成になる。(予定)
その後ぜったい音読続挑戦編に移行して、続標準編は500回が目標なので残りの100回はレミニセンス効果を期待しつついったん休止、若しくは挑戦編と平行して、例えば10回とかを地道にこなして500回をめざす!おー!

30回の分量は

1、準備音読3回
2、影誦(エイショウ=シャドーイングのこと)5回
3、(覚えたので)本を見ない復誦2回
4、快速只管朗読(できるだけ速くく読む)10回
5、復誦2回
6、影誦10回
7、整理音読3回 で計30回

と、寺子屋っぽく名前をつけて見た。なんとなく励んでいる気になるから。
ぜったい音読の本に音読筆写で1分間に何語書き取れたか計って書き込むようになっていた。
音読筆写は面倒だからそれに発展的アレンジを加え一番最後の音読はタイムトライアルにして、何分で音読できたかを記録。
発音とかはちょっと捨ててできる限り超速音読。(うたばんにでていた右脳学習している子供の早読みみたいな感じ)

でも、言うは安しで只管朗読(しかんろうどく:只管=ただひたすら)は非常に難しいのです。
[PR]
# by ghairk | 2006-10-22 22:47 | 英語

英語でしゃべらないと

ミスユニバースで準優勝になった知花くららさんがゲストででていた。

正直、化粧の具合での変化にビックリ!
本大会のときはなんか、本当に勝負メイクバッチリ、ビシバシ!!ってキツメ感じだったけど
番組ではすごく綺麗な英語を話してやさしい感じだった。
フランス語、スペイン語も操るっていうから、スバラシイです。

しゃべらないとは丸2年たったようで開始当時から面白いから時々みている。
英語の勉強には直接繋がらないけど、日本と世界、世界の日本を描いた所とか興味深くって
あと、ゲストも時々あたる。

松本アナウンサーと釈さんもかなり英語上手くなったと思うなぁー。
ジョンカビラさんの英語はなんとなく聞きづらかったから変わったっておもっていたら今度の人も同じ系統でした。

パックンの日本語は上手。発音以外。
TBSのジャストに出ていたころ「夕刊回し読み」だったけ?で
「ガラガラガラ」って言いながら記事読んでいたのが懐かしい~。

なんといってもBGのビートルズいい!
[PR]
# by ghairk | 2006-10-21 01:55 | 英語

ここで喝を

最近いつもにましてよりいっそうタルンデいる。

大沢親分ばりの気合を一発


喝!!!


只管朗読8周目に入って飽き飽き状態。
[PR]
# by ghairk | 2006-10-20 02:35 | 日常のヒトコマ

ぜったい音読のディビッド・グレイビヤード

毎日、毎日音読を続けているとさすがに飽きが来る。

文部省の検定済みのお墨付きがついている教科書からの抜粋でも内容は中学3年生のものだからそんなに興味がでないというのは正直なところ。
でも、文の作り、文法項目の織り交ぜかた、そして驚いたのが発音や抑揚についても日本人学習者が苦手な部分が非常に上手くちりばめられている様な気がして、マスマス中学英語、中学教科書を見くびってはいけぬと思う。
苦手な発音とかっていうのってのはなっかなか上達せんもんです、悲しいかな。
a lot of ambassador want to とかなんでもないようなものも我々日本語話者にはムズカシイ!!

チンパンジーの話とか(レッスン8)、宇宙飛行士のグレンさんの話(レッスン2)とか一生懸命に朗読していてふと思う。

「つまんねー」

禁句だ!思うのは仕方ないので口に出すのは思いとどまる。

そしてこうも思う。

「確かこの本って何十万部って売れているからデイビッド・グレイビヤードの話とかつまんなく思いながら音読している人もたくさんいるはずだ!」

すると元気が出てきたぞ!

チンパンジーの挿絵がイトオシク思えてきた。

寺崎外交官やまりこさんがかわいそうに思えてきた…。

"And it changes, changes, changes into ~" を小芝居入れて読んでる同志が何十万人いると思うと音読続ける気力も出てきた!


ここのナレーターがNHKラジオ徹底トレーニング英会話のグレッグさんって所も良いです。
[PR]
# by ghairk | 2006-10-02 23:19 | 英語

10月に導入する新たな学習法は

いつも間にかもう10月だ!
はえー。

9月の始めに始めた只管朗読はこれまで何とか頑張って続いていて今のところ欠席(休み)なし。Parrot's Lawで修行のごとく何百回も同じ曲や課題を繰り返したのがここに来て間接的に役に立っている気がする。毎日50回×2課は確かに疲れるし、何せノド痛くなって、集中もせいぜい1時間とか1時間半しか持たない。よって第6周目からは30回にへらそうかと思案。計画では各課を50×10周で約2ヵ月半、500回の只管朗読予定だったけど50回だと1課につき2,3時間かかっちゃう。復習を考慮して一日2課しているので総計5時間。ぶっ続けでやれる集中力はないので大体、倍はかかります。

これでは音読しかできねぇ!

そろそろ次なる法を取り入れたいのでこれじゃ隙間なし。30回だと1時間ほどで片付けられそうだし密度もこくなりそう。10周までで500回に満たなかった分は気長にその後何週間かに分ける事に。

次なる勉強法として白羽の矢が立ったのは「英語上達完全マップ」に紹介されている瞬間英作文

ただ、ずーーと迷っているのが教材。サイトで紹介されているのはイワユル市橋本。ただ趣旨が同じ本が山のようにあって。決めかねていてネット書店を見ているとワークアウト123+―英語体得学習法というかなりよさそうな本を発見!ホームページ
見た目もカッコウイイし、見開きで日本文英文がのっているのがいいです。立ち読み吟味した市橋本の24時間シリーズは見にくそうだった。英語口シリーズはカッコウイイけど例文数のわりには高いなっておもってた。

しかーし!時には優柔不断もいいのかも。英語上達マップの森沢さん自身が瞬間英作文の本を出すそうではないか!Yahoo!ブックスの新刊のリストに10月中旬って載っていたのを発見。

これは、どうする!一歩引いて待って見るべし。瞬間英作の発明者が作る本だからなぁ。

いつの間にかモーツァルト英会話は自然終了しました。(第4周で)
[PR]
# by ghairk | 2006-10-01 23:27 | 日常のヒトコマ

必死で只管朗読している

朗読開始から約三週間。
けっこうたいへんだ。

本文は12課で1課で大体200~400語。
CDは2分前後。

内容はそんなに難しくはないけれどこれを50回×2課、しかも毎日となると喉も痛くなる。
エンジンがかかるのが非常に遅いため出だしが悪いと音読と眠気ととの戦いが深夜におよび戦いを終えた暁にはグロッキー。

ただの朗読では飽きるし面白くないので、CD音読(これってオーバーラッピング?)、復誦(リピーテング)、影誦(シャドーイング)を効果的に(かはわからないが)織り交ぜ奮闘中。

繰り返し復習の日程で3周目に入った課もあるんだけど、これまた定着感とかスラスラ感が徐々に出てきたのがわかってこれがまた楽しいのです。さらに時たまs/t/p/kとかの子音がキレが良い時は(例えばイヤホンからもれるシャカシャカ音みたいな)なんかうれしい。

問題は取り掛かりを早くすること、当面。
[PR]
# by ghairk | 2006-09-18 19:15 | 英語

すっかり秋だ

曇りか雨の日が続くので気温が高くなくて過ごし易い。
思えば真夏は汗かきながら音読していたけどこうなったら窓閉めて思い切って大きな声を張り上げて思う存分できるではないか!!

やった!


朗読がちょっとづつ楽しみになっている感じがする。
今は1周目を地道に回っているため1日あたり100回で大変だけど落ち着いたら心地よくなるでしょう。
[PR]
# by ghairk | 2006-09-12 22:53 | 日常のヒトコマ

朗読に勤しむ

遂に只管朗読を開始!!

「遂に」ばっかりだな。

ぜったい・音読・続標準編!!

取り組み方は、この本には中学3年の教科書から12課が納められているので各課を500回辛抱強くひたすら朗読。だまされたと思わないで朗読。必死に朗読。寝ても起きても、雨でも晴れでも朗読。毎日2課づつをこなして行き、繰り返しの方法はもちろん池谷さんの本のやり方を採用。でも500回なんで4回目、5回目を2週間後、1ヵ月後まで空けられんので2回目を翌日、3回目からは1週間ごとに復習的に朗読。だがだが、回数は1課1日50回。1日2課するのでざっと100回です。

通常なら聞いただけで面倒になる。間違いなく。

しかーし!!!

ここに来てParrot's Lawの恩恵があるのであります。

思えば、Fly me to the moonの300回から始まって、12分の英語を100回こなすまでかーーーーなりの回数を繰り返す修行に耐えてきたので、「繰り返し」に対する嫌悪感が結構和らいでいるではありませんか。

これはかなり重要!!

Parrot's、よくやった!

只管朗読は今日で6日目で今のところは順調。


続・標準編-中学の英語の教科書について


一見文字だけを追うと簡潔簡単な英語で「こんなのわかりきってるわぁ」なんて気持ちになりもしますけども、早まる事なかれ、これを「文の絵を思い浮かべ、意味を感じながら、ハタマタ発音に留意して朗読」するには十分にやり応えがある。國弘さんが言われるように中学の教科書は裏切る可能性が低い。文章は簡単に見えるけど、質は高い。内容はそんなにワクワクしないけど文法項目が非常に緻密に満遍なくちりばめられていて、別に意識しなくても声に出して読んでいれば後で「ここに関係代名詞が、ここには受動態が!」って感心しました。確かにこれを体得して叩き込んだらいい土台になるのは目に見えている。

恐るべし、中学の教科書!


気づいた事

CDのナレーターのひと、聞きおぼえのある声がたくさんありました。
NHKラジオ、英語週刊誌とか。
この業界はけっこう狭いんだろうか。

高橋修三さんはいなかった。残念。
[PR]
# by ghairk | 2006-09-08 18:51 | 英語

やっぱり秋か

ここ1週間で確実に暑さは和らいだと思う。
太陽が弱るのが早くなったから。
でもまだ残暑は続くだろうし、何回かシビレル暑さはまたくるだろうなぁ。


暑さがやわらいだと思う出来事

1、熱い緑茶を飲める
2、水のシャワーが辛くなった
3、打ち水をする回数が減った
4、せみの元気がない

など。

もう秋か。季節が変わるのも早いなぁ。
[PR]
# by ghairk | 2006-09-03 22:05 | 日常のヒトコマ

いざ、只管朗読へ!

最近英語関連ばっかりだな。


注文したぜったい音読の標準編が届いてガゼンうれしくなった。

なぜかはわからん。

さっそく朗読にはとりかからず、とりあえず今まで参考になった書物の技術等を駆使して付属CDを自分用に作り直す事をしてみる。周波数を強調したり、モーツァルトを入れてみたり、速度あげたりと。復誦用も作ったけど、案外コレがひと手間かかりましたわ。

ちょっとまって、
國弘さんをはじめ、英語の名人の方々が必ず言われていること、

「ペラペラ、聞くだけ、ネイティブなみ、努力なし、こんな甘い言葉に惑わされるな!!」


肝に銘じます。コレで最後。

もう小手先の事色々しませんから。


いよいよ中学生の教科書のハテナキ音読が始まります。
マサニ、「魂の音読」 タマシイノオンドク

12課×500回

6000回

がんばりまーす。
[PR]
# by ghairk | 2006-09-02 19:06 | 英語

只管朗読に目覚める

さて、そろそろ次の手をと思っていると、

國弘流英語の話しかた

を読んで気合が入りました。

言わずと知れた「同時通訳の神様」國弘さん。
一言一言が重く、とても含蓄があります。英語に対する気持ちとか習得法とかがテクニック的なことでなく正に本質を的確に説いてくれているので感動的。

そこで次なる段階には國弘さんが30年間言われてきている「只管朗読」を実践する事に決定!!この「只管朗読」とは「とにかく朗読をせよ!朗読をつづけるのだ!!!」って言う事。留意点は、

読むものは中学のリーダー程度でよい
英文の意味を理解する
各課を500回ずつは朗読する


はっきり言って500回という回数に最初はかなりビビリまして。
12課あったら12×500ですよ!!
1課3分として、いくら?18000分じゃない?ってことは

300時間!!

そんな事は言っていられません。
「只管朗読」の最初の段階「第一段」には(全部で十段ある)

只管朗読の必要に目覚め、テキストを決める。

とありました。

シビレマシタ。
即効目覚めました。テキストを決めて注文しました。

英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】

もうコレは定番。
入門編と挑戦編があるけど國弘さんが言われているように最初は中学のリーダーって言う事で標準編を選びました。入門編は中学1,2年の教科書からで、ちょっと簡単すぎると思ったから。挑戦編は高校1年の教科書からだけど、まずは中学です。

あってないようなプライドを捨てて、中学生の頃に戻るのだ!!
ひたすら朗読するべし!!500回するべし!!

という事で本が届いたら「只管朗読」開始!!

Parrot's Law → モーツァルト英会話 → 只管朗読

今のところこの流れ。

ところで昔の5000円札の新渡戸稲造さん。
國弘先生が「わたしなど新渡戸先生の足元にも及びません」って書かれていたけど新渡戸さんの英語っていったいどんなんだったのか!?!?!?!
[PR]
# by ghairk | 2006-08-31 21:49 | 英語

一日一読

かりた本を読みおえずに返してしまう事が多々ある。
すかざす、継続手続きをするんだけどそれでも読み終わっていない?!

てことは1ヶ月で10冊弱読めていない。

やっぱり読書は習慣、習慣。

脳と音読

が昨日図書館で目に止まった。
狙っていた本でなかったから、一期一会的な感じ、ちょっとした運命。

川島隆太教授と安達忠夫教授の共著。
いやぁ、読んでよかった。とても興味あること満載。

川島教授はいわずと知れた脳科学者で音読、計算の効力を世に知らしめ、
大抵の本屋でドリルが山済み。
安藤教授は素読、暗誦、復誦、計算等を教育現場や自身の寺子屋で実践してきた文学者。

今回は対談というより、安藤教授の疑問に交信を通じて川島教授が応えるといった感じで
終盤は安藤教授が被験者となり川島教授の実験に参加。

面白かったのは最後の実験で、ひとえに物を読むという行為といえども
素読、黙読、復誦、暗誦、音読などで脳の活動の仕方が違っていたのが確認されたところ。

素読で悦に入っている時など、前頭前野が活性するところか逆に沈静、リラックスしていた。
ちょっとしたランナーズハイみたいな感じで読んでいる(漢詩だった)安藤教授は何とも言えない心地よさを感じていたそうだ。

物を声に出し読むって言う行為は、最近騒がれている以上にものすごい効き目があるみたい。
たぶん脳だけでなく、言霊として感性に響くことも含めて。

言葉は凄い、凄すぎる。
[PR]
# by ghairk | 2006-08-27 22:30 | 日常のヒトコマ