<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

知らなかったよ、「of which」

実を言うと全然覚えがなかったのでした。

「どん作」の中学三年生の文型で「whose, of which」ででてくるのだけど、
最初は聞いたこともなかった感じがした。

関係代名詞の所有格で先行詞がもののときはof whichを使うのが普通って書いてる。
中学でならったかなぁ??

ほんと、完璧なまでにわすれてましたよ。

そんなこんななので瞬間英作の時も、まさに口に馴染まなくて、
ということはすらっとでない。
こっちとしては、例えば

I like a dog whose tail is small.

のほうがしっくりくるので

I like a dog the tail of which is small.

が、骨となり喉にひっかかる!!!!!

しかしながら、何回も回して音読するとすごいもので、もう何気にさっとでちゃったりします。
でもまだ実践じゃwhose使っていそうだけど・・。

それと、冠詞の使い分けa,theが超難しい!!!!
いつまで経っても概念としてとらえきれないんですよね。

更に先は長い・・・。
[PR]
by ghairk | 2007-01-14 23:26 | 英語

フォレストと精読の開始

やっとことフォレストと精読を始められました。

ずーーーと、思ってたのになぁなぁになってしまってて。
意を決してしてみまえば何のことはないのだけど。
とりあえず三日で終わんないように注意です。

精読はいわずもがな、「英語上達マップ」の中の学習法で、
特に自分、太古の昔から読みに苦手意識あってあえて避けて来た部分もあるから
じっくりこなすべし!!
倉庫で見つけた高校のサブのリーダーの教科書は15課あってひとつが350語くらいなので割りと軽めのようです。
今日の1課は松坂投手の話だった。
2000年の教材だから内容がすごく懐かしくてなんか楽しい!
その後音読に移して、7課を一週間かける7周くらい、全部で150回~200回読むぞ!!
15課あるからこの作戦だと2回分つかえる!!

次にフォレストは「書籍」としてしかも「音読」します。
小説と同じ感覚で、500頁以上あるけど、それでも「音読」!
一日一単元読めたら2ヶ月ほどで終了できると思うからその後練習問題とかしてみよう。

道は長いな・・・。
[PR]
by ghairk | 2007-01-13 21:50 | 英語

瞬間英作文の話の続き

書き忘れちゃった話です。

で、英語圏の生活でそれなりの英会話はできるようになるのだけれどやっぱり日常会話の領域からなかなか出られない。
イギリス人が軽く言い放つ表現がなかなかでない!!

せいぜい付加疑問文を多用するくらい?(~isn't it?とか)
でもこれってつけれるようになると病み付きになるんですよね。
特にdidn't I??とか好きです。

話、もどって、日常会話を突破していくのが瞬間英作文の第三ステージなんだろうと思います。
日常会話でだとマンネリで表現の拡大がおろそかになっちゃうから足りない部分ってここなんだなぁ、ってなことも感じました。
例文集には「ネイティブはそんな言い方はしない」とか「応用がきかない」って批判もあるけど、
タメ語で話せるよりも敬語を話したいし、敬語ができたらタメ語もできるのは時間の問題じゃないかなと思う。
実際に「そんな言い方しない」言い方で話したとしてして、指摘されればそのときに修正はきくし、応用はきかないどころか核を押さえていれば問題ないと思う。

どん作とワークアウトが終わったら洒落た言い回し例文集するのが楽しみ楽しみ!
[PR]
by ghairk | 2007-01-12 21:37 | 英語

瞬間英作文の話

12月初旬から瞬間英作文を開始!!

実は英語上達マップでこの学習法を知ったときは若干懐疑的だった。
なぜかというと英作文って聞くとどうしても

日本語→英語

若しくは

英語→日本語

の和訳が浮かんであんまし言葉としての英語習得には関係ないって思っていたから。
特に高校のときの授業とか鮮明にトラウマみたいで一体言語を学んでいるのか
それとも日本語の暗号解析術をアルファベットやっているのかわからなくなったし。

でも実際この瞬間英作文をやってみると英作文と違うことに気がつきました。
そうです、

「瞬間」英作文じゃなきゃだめなんです!

超速でなきゃだめなんです!!

ここの部分がサイトでも強調されていた点で、
またこの部分がただの英作文や英訳と大きく異なる部分です。

どういうことかっていうと、
留学中、特に初期のころは当然のことながら自分の意思とか感情が「言語」という形で口からなかなか出てこないのです。どうしても、

抽象(言いたい事など)→日本語→英語

ってなってしまう、ごく自然なことだけど。

「日本語を排除しなければ上達はない!」って信じていた当時は言いたいことが口から出るまでにちょっと間ができたり、日本語が入り込んできたら、

「げっ、こりゃやばいよ、早く英語で出せ!」

と心の声が言ってきた!
これって、かなり不快な感覚なのです、実は。せかされてる感じもして。

そんなこんなでスピーキングは時間が経つのとイギリス人との接する時間に比例して大体のことは、最低限言いたいことはいえるようになっていきました。

そして、この過程が結構瞬間英作文に似ているって感じたのです!!

ミソは著者の森沢さんが言われている、

1、「間髪入れず、反射的に」英作する
2、日本語は「ただの呼び水」

ことだと感じた。

これって実際に英語はなしている感覚に似ている。
もちろん一方通行だから反応によっての会話は無理だけどその点は「簡単な文を多く」で補うということ。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」はじつは本当に簡単の文ばかりで導入にはちょっと迷ったけど、中学の復習と、エンジンかけるには軽いほうがいいと思って決めました。
出だしはこれくらいでよかったと思っております。

実際のやり方としては、ちょっと本と違った形をとっていて、本にはセグメント分割のこととか詳しく書かれていたけど、いまいち理解ができなかったから全部で80文型くらいあるのを7つに分けて一週間で一周する事にした。イケガヤ式でもそのほうがよさそうだから。

今週は6周目でもう流すだけだけど(英作流し)流しだけだと20分くらいで終わるから流した後に英文の音読も(感情こめて)しております!
7周したらねかせて、ワークアウト123+に進もうかと検討中。

英語上達マップのホームページに出てくる黒猫ちゃんが表紙に載っているように本の中にも登場するんだけど、1コマ漫画さながらの面白さ!!めちゃ、楽しい。
1文型のなかの10文のどれかを描写していて、黒猫ちゃん大活躍です。
友達のシマ猫とかブチ猫、宇宙人とかも出てくるのがいい!!
[PR]
by ghairk | 2007-01-12 21:22 | 英語

11月のTOEIC

続いて11月のTOEIC。

この回が2回目の受験でありました。
正直言ってまったく自信なし。
新しくなって読み物が長くなったっていってたし、前回は悲惨だったし・・・。

背に腹は帰られない!

ちょっと意味は違うけど、そのくらいの覚悟で望むべき!と奮い立たせる。
初回が2005年の5月で一年半ぶりの決戦でした。
まさにTOEICってすっごい好敵手ってかんじ。

まず前回は

聴415 読240 計655


郵便がきて数日ショックだのなんのって・・・。
読みにいたってはなんと受検者の平均を下回っていました。

えー、身をもって証明しました。
わたくし、英国で足掛け二年強生活しましたが、

英語圏で暮らすだけでは語学は身につかない!!


ナキタイ・・・。
当たり前だけど、勉強ってだいじだなぁ。
机に向かわないとやっぱしネ。

でもって今回、ちょっとはリベンジしようとその後英語のやり直しして望んだ第二戦!!
予想と希望としては700は超えといてほしいと思ってました。

その結果、

聴450 読365 計815


すこしはマシになったやないか!!!
予想外の結果でちょっとびっくりしたのが本音。

聴きに英豪の英語が入ったのは確かに聞きやすかったかもしれない。
しかしながら読みがあがってたのがとってもうれしい!

でもって、ここから名探偵の分析です。
初回と二回目の違いから。


<緊張>

初 おそらく無意識にきんちょうしてた。はじめてだし。

二 ちょっとは慣れてたと思うけど前回から結構経つしやっぱり緊張してた。

<意気込み>

初 「とりあえず受けとくか」ってのりで身は入ってない。

二 前回悔しかったのでモチベは初回よりあった。

<体調>

初 これ大切。言い訳ですが前日友人結婚式で深夜まで二次会。
  当時、不眠もあったので2時間位しか眠れなかったから当日はバテバテ。

二 ここ数ヶ月睡眠問題は改善気味で、当日も7時くらいに起きて準備。
  ただ、天気悪く予報を信じて原付で会場に向かったら土砂降りで着いたらズブヌレ。寒いし最悪。

<隠しだま>

初 アミノペプチドがマイブームで脳に効くって風説があったから試験前に飲む。

二 川島教授、池谷助手の脳の本を読んでためになると思ったことを実践!
  出発前にスパゲティ食べて普段は飲まない砂糖入りの珈琲。音読もして脳みそを真っ赤に。

<英語学習>

初 試験自体がぜんぜんわかんなかったからTOEICの本かって傾向とかをちょっとよんだ。

二 初回のあと英国に3ヶ月滞在。英会話率90%
  あせってやり直し英語再開。6月に「英語耳」から始めて、Parrot's Law123ステップ、
  発音バイエル少々、モーツアルト英会話、「ぜったい音読」で只管朗読とかをした。


こんな感じかな。

初回の体調はよくなかったにせよ655には正直かなりヘコミマシタ。
今回のがまぐれとも限らないけど、実力から離れて100点も差が出ないだろうからどっちにしろやり直し始めて少しは改善されたみたい。
試験慣れとかもあるだろうしさらに実力が出てくるのはこれから受けるTOEICになりそうかな。
一年後の同じ月に受けると少し割り引きもあるみたいだからこれからは5月と11月を決戦月としよう!!

次回決戦は5月!!
TOEICは目的にはしないけど当分好敵手が居た方が張り合いも出るから
TOEICを目標にしていきます。

年内900

去年も言ってた。

来年も言ってるかも?
[PR]
by ghairk | 2007-01-11 22:46 | 英語

只管朗読 経過

11月中旬に400回に突入!

長かったーーーーでもって、飽きてきたー

なので一時休止に。
400で切り上げようかと思ったけど、500回って決めたので初心貫徹!!!

朗読記録をまとめていると面白い結果を発見!
毎回最後の一回はトライヤルとして発音無視で、できる限り速く読んで記録していました。
あたりまえだけど、

周回が進むことに速度上昇!!

毎日やっていたらそんなにわからないけど、数字ととっていると客観的に見れるから面白いデス。

d0063566_20423531.gif


全12課の平均で見たら8周目まで速度も上がっていき当然だけど1分間で音読できる単語数も増えております。ということは8周目までがだいたいの復習の目安になるのかな。


500回済んだら次は絶対音読挑戦編と思ってたけど、
経費削減のため倉庫で見つけた妹が高校のとき使っていたであろう英語のリーディング教材を使うことにしましたー。ロードヒッターってやつ。

おまけに文法書のフォレストの初版も発見!

有難い事に妹殿、どちらも殆ど使用形跡がなく、6年くらいたつけどキレイでした。

教科書は内容が1999年前後の日本のサブカルについてで、松坂投手の活躍とか、Jポップ、髪の長いセインカミュのインタビューとか載っていて面白そう!
しかも完全対訳つきでその別冊薄っぺら紙も見つかったので、はじめに精読をしてみて只管朗読第二弾に持ってこようと思っております。

「続標準編」は英語完全マップの音読パッケージ方式でやってみたけど復誦と影誦の回数が進むと音が記憶に強く残って音読のときの集中散漫が強くなる気がしたので影誦と音読の教材は分けることに決めました。影誦はそれで心おきなくできる!!見つけたロードヒッターにも音声はついていないし・・・・。
[PR]
by ghairk | 2007-01-10 20:56 | 英語

11月初旬

11月の最初に本をたのみました。
瞬間英作文をはじめようと思って教材に悩む
それ以上に資金繰りに悩む

うーん、どうしよう?
そうしたところ、全日空のマイルをためる目的でこつこつやってきたGポイントが結構たまっていることに気づく!!bk1とjbookで1P=1円で使えたけどbk1は交換に時間がかかるのでjbookのポイントに交換。
さっそく、注文と行きたかったんだけど、優柔不断です、どの教材にするかさらに悩みます。

結局は英語上達マップの森沢さんの新刊の

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」(ながいなぁ。以下:どん作)

と、ブログで評判がよかった

「ワークアウト123+」(なんて読むかわかんなかった!わーくあうと わんつーすりーぷらす)

の二冊にしました。

どん作は簡単すぎるかなぁと思ったけど、中学英語からやり直そうと思ってたので決めました。
二冊ともCDが二枚もついていた!やった!

ただ、待てど暮らせど、本が届かない!!!!!!
jbookはノンビリシテルノネ。

結局3週間くらいかかった。ベストセラーとかだとすぐに届くのかな??

実質ポイント交換で購入できたから、Gポイントをコツコツためてきてよかったー。

そんなこんなでやっと瞬間英作文開始!(12月から)
We can work it out, we can work it out-♪
[PR]
by ghairk | 2007-01-10 18:36 | 英語

11月以降 英語系

ぜんぜんつけていなかったので、ここでまとめ!

11月初旬 英語関連の本を3冊注文

11月中旬 只管朗読が400回突破したので一時休憩
        代わりに影誦開始

11月下旬 通算二回目のTOEIC受検
        本がやっと届いて、「超速」瞬間英作文開始

12月中旬 TOEIC結果発表 意外な結果に驚く

1月 只管朗読、発音バイエル、再開
[PR]
by ghairk | 2007-01-10 18:06 | 英語

正月はめでたい!

新年おめでとうございます!!
年越してもう一週間たってしまいました。

今年は生まれて初めて初日の出を見た。
曇っていて、なかなかお日様が出てこなかったからあきらめて帰りかけたんだけど
そうしたら拍手がおこって、あわててもどった。

日の出があれほど感動的だと思わなかった。

天気予報が外れてよかったよかった!

さて、

小学生のころ掃除の当番で校長室がまわってきました。
校長室の当番は最高なのです。

もともときれい

掃除機使えてすぐ終わる

当番の相棒と校長先生以外誰もいない

と、いいことずくめ!!
そんな中ある日先生の机に本があった。
題名を見てしびれました。

「正月はなぜめでたいか?」

そ、そ、そんなこと考えたこともなかった!

正月は一冊本が書けるほどにめでたいのです。

正月はなんであんなにめでたいのでしょうか?
しかし、答えはいまだに見つからない…


そんなこんなで今年の目標!

1、仕事をする!(1年半食客)

2、英語学習の継続!!

3、具体的にTOEIC換算で900点以上!!!
   まてよ、まてよ、正月だし大きく出ちゃえ!950点越えだぁ!(さすがに満点はいいすぎ)

4、人生の目標を見つける!!!!


ブログも粘って書いていくゾ!
[PR]
by ghairk | 2007-01-09 20:56 | 日常のヒトコマ