カテゴリ:英語( 66 )

英語学習と外国へ行く事

渡英についてはようやくヒト段落。
よかったべ。
準備は早めにしよう。

語学学習の面で英語圏に行くことの有益は
言うまでもなく英語に頻繁に触れることだと思う。

でも、

(ただ)英語圏へ行く≠(相当)英語が上達する

今思えば当たり前のような気もするが。
実際身をもって証明した先人が言うんだから間違いあるまい。(ジブン)

海外で英語が相当上手い人はこれまた相当勉強、努力している。
でもって案外そういう実感もなかったりするから、一石二鳥なのかな?

最近はは外国への渡航がお手軽に出来るようになったし
ネット、ITの普及で日本にいなくても情報はとれる。

だから、

英語圏へ行く≠英語に頻繁に触れる(モチ、例外アリ)

になってきているんだろう。
[PR]
by ghairk | 2005-06-21 14:03 | 英語

発音本を注文

遂に買った。

「英語をするにあたってまずは発音!」
という意見に賛同。
出直しにはしっかり土台を鍛えないといかんでしょ。

三種の神器

英語耳・英語耳ドリル・UDA式30音練習帳


をまとめてオンライン購入。
有名なDVDはとりあえず保留。
ネットだと買った実感がわかない、便利すぎて。
しめて6千円弱、今週中に届くかな。

珈琲一杯はケチっても教育にお金は惜しまないのだ!!

当分はこの3冊を信じて、発音の練習に精をだそうではないか。

録音すると自分の発音、アクセントの可笑しさに気付く。

道は長く続いていきそうデス。
[PR]
by ghairk | 2005-06-15 22:50 | 英語

英語に対しての覚悟って

ここ最近英語に関するホームページやブログをよく見る。
新たな発見も多くてとてもためになる。

同時に、日本には英語に苦しみ英語と日々格闘を繰り広げて
いる勇士の多さにも非常にびっくりする。

日本語を話す日本人にとって英語の習得ってそんなに大変なんだ。
相性問題?
メーカーの違いでメモリが作動しない、みたいな?
考え方、それとも教育の方法?

さまざまな意見があり見てて楽しい。

さってと、あっしもそろそろ再び英語難民の仲間入りと
なりやしょうかね、親分?


ただ、各サイト共通して言われていること。
(教材等の販売サイトは除きます)

1 英語を習得するには相当の覚悟と忍耐が必要
2 王道は多分ない、日々の努力がそれである
3 みなさん教材を利用することはあってもほぼ独学で頑張る
  →中高大の教育以外での勉強が主

と、かなりの覚悟、そして決意が必要な事がわかります。
いくらいい方法があっても支えになる土台が(気持ち)
ぐらついていては道は開けない!ようだなぁ。

弱った。
意志の弱さには自信があるほうだが、逆は…

なんて事は言っていられない!
よーし、気合が出てきたぞ!!

全てをなげうって英語に相対する!
小さく攘夷を気取ってみます。
[PR]
by ghairk | 2005-06-14 22:41 | 英語

津軽弁とScouse

やっぱり学習は夜より朝の方がいいと思う。
朝、勉強したことないのに根拠なしに確信をもちます。(夜に限定しても怪しい)

最近(といっても数ヶ月前から)再び英語に興味を持ち始めて、
英語に関することで目からウロコが落ちる事実がたくさんあった。

1、各言語にはそれぞれ周波数帯があり英語と日本語のそれは異なる!

これにはビックリしましたぜ!しかも英語は高周波で日本語は低周波。
普通に日本語を話していても気がつかないが恐らくそうなのだろう。
そういえば昔、日本人は高齢になると声が高くなりイギリス人とか英語圏の人は
低くなるって聞いたことがあったけ?(うろ覚えなんで逆かもしれない)

2、発音の習得は英語学習の中でものすごく大切な部分

確かに発音は大切デス。

何回言っても理解してもらえなく、観念してつづりを言うか紙に書く時ほど
情けないことはないのである。

でもまさか聞き取りにまで密接に関係しているとは!

だからだな!

イギリス人でも南部出身者が北部のリバプール弁(Scouse)に
慣れるまで聞きづらいって言ってたのは。

同じ日本人でも津軽弁がわかんないのと同じだ。

3、NHKのラジオ番組は質が良い

スミマセン。以前はAMという理由だけで敬遠していました。
聞いてみるとこれがこれが難しいではないですか!
今のところMDにとって聞き流していることが多いためあまり身にはなっておるまい。
近々帳面を使って(俗に言うテキスト)しっかりと学習しよう。

でもいくら英語について調べても、しまいには勉強始めて続けないと意味ナイよね。
午後のブログが英語学習記録になる日はくるのか?
[PR]
by ghairk | 2005-06-09 21:50 | 英語

客観的に

普段は当たり前だと思っていることも実は
当たり前の範囲を超えていることも多々ある。

英語の勉強法の一つにシャドウイングって言うのがある。
ラジオとかCDの英語を聞きながらそれを口に出して言うのだが
これが慣れるまでなかなか難しいんです。
集中力もいるし少しでもボケっとするとついていけない。

最近調子に乗ってきて

「正にテープ通りに追いかけられてまっせ~!」

なんてシャドウイングしながら思ったりもしてしまった。
謙虚な日本人の鏡としては(あくまで自称)すかさず
客観視してみる必要があると感じ、今日は面白い実験を試みた。

実験といっても簡単なり。

1 いつものように英語音源と愛用のヘッドホンを用意してシャドウイングをする。
2 パソコンとヘッドセットのマイクを使って自分の声を恥を覚悟で録音。
3 恥ずかしさになんとか耐えて録音を聞く。

思ったよりもだいぶんヒドイ。
5分間の録音で何度聞くのをやめようと思ったことか...

TOEICから2時間でくらった程の打撃を今度は5分で体験。

「いつも聞いている自分の声≠他人が聞いている声」 を改めて実感。

恥ずかしいけど定期的に自分の話す英語を録音すると進歩を確認できていいかも。
[PR]
by ghairk | 2005-06-06 23:58 | 英語

2時間が置いていった物

なんだかんだあり2週間ぶりのお仕事。
ここまで間隔が空いてしまうとお得意の夜更かしも
きわめてしまっているので朝、非常に辛いんデス。

いつものタンタンとした業務の中に日常を見る。

というか疲れが先走っちゃって。
休憩に行くと雑用で呼び戻され、
ちょっとまじめにしてると随分暇だったり?

なにはともあれ午後は落ち着きます。
(リプトンのパック紅茶にパイナップル味が出てた!)


ブログの中でも英語を勉強している人達の奮闘期がたくさんある。

でもっ、てこれ結構いい刺激になります。

「われもがんばるべし、がんばるべし、がんばるべし!」

ともあれ1ヶ月経たないうちにTOEICの結果がくれば「べし!」が更に
強まっているか衝撃で打ちのめされているかわかるばい!
先月遂に流行に乗ってTOEICしてみました。

恐るべしTOEIC!ただ流行っているだけではないぞ!
たった正味2時間でぶっちゃけでまかせ英語を見抜くとは!!
というより、見抜かれたって既に思わせているところが。

英国に住んでいたってことが妄想だったんだよって思うほどに
目覚めさせてくれてアリガトウ。

→英語の勉強再開決定!

再開?前にやった覚えがうろ覚え。→まぁよい
当面の課題はズボラな心身をどう制御するか。→深いぞ!


われずぼら、ゆえにわれなり

情けないわれだな、まったく。
[PR]
by ghairk | 2005-06-04 23:04 | 英語