カテゴリ:英国( 10 )

通じなかった英語

昔、英国に住んでいたときは

「英語の発音はできる限り本物に真似て言うようにする」

と心がけておったものでした。がぁーー、

しかしそんなにあまいものではありません。
これまでに幾度となく通じない発音がありまくりました。
そこで悲しいのが自分の中で聞いたままの発音とアクセントで言っているつもりなのに
相手に通じなくて、あとで、

「ああ、○○か!○○って言ってたのか!○○か!」

ってスンゴクびっくりされる事。例えば、

Oh, you mean "mobile phone"! mobile phone, MOBILE PHONE!!

相手に悪気はないようです。何も三回も言わなくてもねぇ。

といったところで新シリーズ

「通じない!」


です。

初回はキャシー先生(以後キャシー)に注意された単語。
何かのプレゼンの後のフィードバック(といえば聞こえよいがいわゆるダメだし)で。


キャシー 「内容はまぁまぁよかったけど気をつけたほうがいい発音が少しあったわ。」

わたし (・・・。発音には気をつけていたつもりなのに)

キ 「まずはI'm sureのsureね。シュアーってなってたわ。ショーっていってみて。」

わ (えーーーsureですかい!こんな簡単なのを)「はい。ショー、ショー。」

キ 「はい、そう。いいですね。えー、次に・・・」

わ (えーーーーまだあったのですかい!)「はい。」

キ 「yourね。あなたはユアーって感じでYが強いわ。you+Rになってる。正しくはヨー。ハイ。」

わ (えーーーーーーーyourなの・・。)「ヨー、ヨー、ヨー。」←一応練習してる所を表しています

キ 「はい、いいですね。他の基本的な発音はいいけど、そういったとこに気をつけてください。」

わ 「はい。わかりました。」


上記↑の表現に限界があることを了承ください。

何より初歩的な単語の発音が間違っていたのが痛い。
しかも全部中学の時から信じてたっぽい。

sureは「シュアー」って言ってたし、your,yoursはyouの
延長で「ユアー、ユアーズ」(you are, you are zみたいな)と思っていた。

イギリス英語はではsureのrは入れなくてもいい場合が多く「しょーー」って感じ。
yourに至ってはyouの時とまるで変わるんではないかい!ユーがヨー、ヨーズって感じに。

これって初歩ですか?な、ならば中学校の英語の先生のせいだい!!(完全に責任転嫁デス)

でもこれは本の一例で、悲しいかな、通じなかった単語はまだまだたくさんあったのでした。
通じなくて聞き返された発音はその事を良く覚えている。悔しかったからかな?
[PR]
by ghairk | 2006-07-22 22:43 | 英国

魔性の音楽

ビートルズはいくら聴いても飽きない。

いったいなんででしょう?

それでいて不意に聞き始めたりすると、モウマズイ。
一瞬で時間が過ぎてゆく。

まさに魔性!

CDをコンポに入れて、

「この曲で最後にしよう。」

と思っても、

「いやいや、まだもう1曲聞こう。」

さらに、

「あの曲はどのアルバムだったかな?」

てな感じで2時間は過ぎます。

寝る前に陥るとマズイから、今日はやめとこ。
[PR]
by ghairk | 2006-06-06 23:37 | 英国

イギリスで恋しくなるもの

久々に英国の事。

日本を出ると、

1、(行動、考え方などが)日本人である事
2、日本食が染み込んでいる事

を客観的に、そして痛烈に自覚できると思う。
特に食べ物は生まれてから大概毎日三回は食事でとるので、
まさに「自分と言う者」で、からだに染み込んでいる。

アタシはそんなに好き嫌い無いからスバラシイイギリス料理でも
おいしく食べれるけど(ライスプディングを除く)日本食は絶対食べたくなります。

代表格はお米、麺類、魚類。

中でもインスタントラーメンは本当に良く食べた。

よく買っていたのは六個で1ポンドの「コカ」っていうラーメン。
パッケージには英語、中国語、アラビア語とかで説明が書いてあったから
原産はどこの国かわかんない。
味は10種類くらいなったかなぁ?

韓国ラーメンの「辛ラーメン」とか「ノグリ」もおいしかったけど
一個50ペンス位したから貧乏学生としては中々手が出なかった。
今では日本でも結構見かけるようになりました。

日本の出前一丁とかもあったけど基本的に高かったからあんまり買わず。


ところが、去年英国に行った時いいものを発見!

テスコ麺 一個8ペンス(約16円)

さすがはテスコバリュー、安い!!!
アズダには昔からあったけどテスコにも遂に登場したかとうれしくなる。

味は三種類でチキン、カレー、ベーコン。
トビキリおいしいわけではないけれどもコカよりは全然マシ。
ちなみに細めんデス。
毎晩夜食に食べました。

日本のラーメンは安売りで六個150円くらいだから16円は安い。
でも、16円で納得の味でもあります。
[PR]
by ghairk | 2006-04-26 19:05 | 英国

100円ショップの世界的実力

ありました、ありました!!

数取器は「カウント君」の名前で「ザ・文具」コーナーに!

ストップウォッチは150円だけど、普通に使えて問題なし!

ただ、照明ランプは400円でショボかったためホームセンターで
1000円のクリップライトを購入。

カウント君は999までの計測だけど十分です。(ホームセンターのは9999まで)
1000回以上音読しても又ゼロからはかればいいし。

ダイソーって本当に色々ある。

100円ショップは日本が誇れる、ある種の凄い文化だと思います。

アイデアと品物の精巧さ、本当に凄い!

英国にPound Shopってのがあったけど、まず比較になりません。
ほとんどの品物が、

「こんなモンに200円払ってられるか!」

って物バッカリ。

今なんか1ポンド205円でしょ、たっけー。
昔は160円台の時もあったのに。

昔は良かった。意味もなく。

英国にはカウント君みたいのとか絶対ないと思うし、
あっても正規の数取器で10ポンドとかしてそうだ。

ともあれ、学習道具はきっちり揃いました。
カウント君はParrot's Law一曲目の122で止まっているけど。
[PR]
by ghairk | 2006-04-26 18:23 | 英国

2ヶ月

英国到着から早くも2ヶ月。
後数週間で帰国だ。

今日も晴天。
今年の夏のイギリスはけっこう天気いいほうだったんじゃないか?
日はもうちょっと短くなって8時くらいに暗くなります。

緑茶が懐かしかったりするこの頃であります。
[PR]
by ghairk | 2005-09-04 20:26 | 英国

1ヶ月ブリ

英国上陸1ヶ月。

パソコンなかなか使えず使えても日本語書けず

更新1ヶ月ブリー!

4年振りの英国だけどあんまし変わった感じはないかな。
感動に浸ってたのは上陸して2,3日くらい?

天気は割とよい。
気候、過ごしやすい。
最近、曇っている。

2ヶ月目の8月は~トップギア全開でとばしましょー!
[PR]
by ghairk | 2005-08-01 23:30 | 英国

渡英マデアト8日

ヨーロッパは今年も暑いらしい。

日本は毎年必ず暑いので冷房に関しては
そろえがよすぎるくらいよい。
しかし、イギリスには基本的に冷房を
設置していないようなのだ。
欧州車で送風しかついていないのもあったし。

年中天気が悪いイギリスでも夏場は意外と
晴れる日が多くて、5月6月は凄く気分良い。

蒸し暑い日本と乾燥した猛暑のヨーロッパ。
その違いをじっくり体験すべし。
[PR]
by ghairk | 2005-06-24 15:46 | 英国

米の利用法

イギリスの料理を「とってもおいしい」とまでは思うことはできないけど、
食べれないほどマズイとは思わない。ライスプディング以外は

でも、物は使いよう。ハサミも使いよう。
このライスプディングの有効利用法が実はあるのであります。

英国には全国展開の大型スーパーがいくつもあって
例えばASDA、TESCO、Safeway、SainsBuryなどなど。
なかでもTESCOにはよくお世話になった、なった。

このTESCOに「ライスプディング用白米」というのがあり
英国人はこれと牛乳、(大量の)砂糖を使いライスプディングを作る。

ところが、ところが、日本人は応用しますよ。

ライスプディング用白米が一番日本米に似通って炊ける。

Londonなら日本食に困ることはあまりないけど地方には
そう簡単に日本米は売っていない。あってもかなり高い。
さすがのTESCOにも日本米はなく普通のお米はタイ米のようなパサパサしたお米。

お米も使いようさ。久しぶりに食べたい気もする。
もちろんライスプディングじゃなくって
ライスプディング用白米を普通に炊いたお米です。
[PR]
by ghairk | 2005-06-16 00:32 | 英国

各国の食事情

おいしいものを食べたら凄く幸せな気分になる。

同じように、英国に結構長くいるとそんなに好きでない日本食でも
もの凄く美味しくそして有難く感じるという伝説があります。(英食伝説といいます。)

いつかフランス人のお兄さんと話した時、話題が食べ物の事になった。
このお兄さんも何週間か英国の食事はしっかりと味わったモヨウであった。

フラ兄 「ここの(英国)食事にはどうしても慣れないよ。」

ジブン 「確かに一般的にはあまり褒められないですね。」

フラ兄 「知っています?世界で一番美味しい料理がどこの国の料理か。」

ジブン 「さぁ。でもそれはやっぱり好みによるんじゃないかなぁ?」

フラ兄 「僕がフランス人だから言うわけだないんだけど、
     世界一美味しいのはフランス料理なんだよ。」

ジブン 「そ、そうなの。」

フラ兄 「フランス人だからいっているわけでは決してないよ。」

突っ込みたい気持ちはヤマヤマだったけど深入りするとフランス人のことである、
朝まで生討論になりかねないのでここは引き下がることにした。

世界一の料理ってどこの国のだろ?
たぶん生まれて育った国の料理だろうね。
日本人には和食かな。特に英国はそれを教えてくれる。

といっても元来なんでも食べれて美味しく感じる性質のためそこまで
英国料理をマズイと思ったこともなかった。
中にはチップス2、3口で降参してた人もいたし。

しかし、しかし、例外はある。これだけは納得できない。てか無理デス。

ライスプディング!

英国の誇る、イギリス人が大好きな、この世の食べ物ではない食べ物。

だって、だってですよ、白米に醤油や塩をかけることはあっても
牛乳と砂糖(しかも量がハンパでない)を混ぜて煮込んで食べろって言われても。
なんでこれがデザートなの?

ニホンジンニハムリデス~

何度挑戦しても、頑張って3口

こうなればライスプディングが世界一のデザートと思っている
イギリス人を探してきてフラ兄と討論させよう。

少しは分かってくれるかもしれない。
[PR]
by ghairk | 2005-06-08 21:17 | 英国

朝型と夜型

朝早いのが苦手。かなり。
でもなんでかわからない。

先入観で「絶対朝早い方が得」っていうのがあり
これまでなんども早起きに挑戦するがそのたびに撃沈!

取っ掛かりはまず徹夜→でもってその夜早く寝る。
数日間はうまくいくのですが、この世は情報化社会。
なんだかんだでどんどん寝るのがずれ込んでめでたく夜型。

朝よ、嫌わないでおくれ。

夜を有効にでも使えればいいけどもっぱら
ラジオ深夜便 もしくは インターネット デス。

勉強とかをするのも朝型のほうがいい気がする。
10時に寝て5時くらいに起きればはかどるんじゃないか?
今度実験してみよう。
12時前に寝ると良い成長ホルモンがでるみたいだし。

昔、イギリス人の若者達と一緒に暮らしていた頃、
といっても同棲じゃなくていわゆるフラットシェアで、
ダン君ってやつがいた。
ある日、いつものように午後に起床するとダン君が帰ってきた。

ダン君 「今頃起きたのかよ?」(多分3時くらい)

自分  「昨日は寝るの遅くなってね。(実はいつも)君はいつも朝早いね。」

ダン君 「ああ。遅く起きちゃうとその一日を無駄にした気分になるから
     いつも早く起きるんだよね。」

自分  「確かにそうだね。毎日こんなんだから人生を無駄にしてる気になるよ。」

ダン君 「そうかもね。」

時にイギリス人は思ってることを率直に言ってくれるから気分が良い。
ダン君を見習って少しは早寝早起き目指そう。
今でも早起き続けているんだろうか。
[PR]
by ghairk | 2005-06-07 23:57 | 英国