津軽弁とScouse

やっぱり学習は夜より朝の方がいいと思う。
朝、勉強したことないのに根拠なしに確信をもちます。(夜に限定しても怪しい)

最近(といっても数ヶ月前から)再び英語に興味を持ち始めて、
英語に関することで目からウロコが落ちる事実がたくさんあった。

1、各言語にはそれぞれ周波数帯があり英語と日本語のそれは異なる!

これにはビックリしましたぜ!しかも英語は高周波で日本語は低周波。
普通に日本語を話していても気がつかないが恐らくそうなのだろう。
そういえば昔、日本人は高齢になると声が高くなりイギリス人とか英語圏の人は
低くなるって聞いたことがあったけ?(うろ覚えなんで逆かもしれない)

2、発音の習得は英語学習の中でものすごく大切な部分

確かに発音は大切デス。

何回言っても理解してもらえなく、観念してつづりを言うか紙に書く時ほど
情けないことはないのである。

でもまさか聞き取りにまで密接に関係しているとは!

だからだな!

イギリス人でも南部出身者が北部のリバプール弁(Scouse)に
慣れるまで聞きづらいって言ってたのは。

同じ日本人でも津軽弁がわかんないのと同じだ。

3、NHKのラジオ番組は質が良い

スミマセン。以前はAMという理由だけで敬遠していました。
聞いてみるとこれがこれが難しいではないですか!
今のところMDにとって聞き流していることが多いためあまり身にはなっておるまい。
近々帳面を使って(俗に言うテキスト)しっかりと学習しよう。

でもいくら英語について調べても、しまいには勉強始めて続けないと意味ナイよね。
午後のブログが英語学習記録になる日はくるのか?
[PR]
by ghairk | 2005-06-09 21:50 | 英語
<< 久しぶりの完徹 各国の食事情 >>