瞬間英作文の話の続き

書き忘れちゃった話です。

で、英語圏の生活でそれなりの英会話はできるようになるのだけれどやっぱり日常会話の領域からなかなか出られない。
イギリス人が軽く言い放つ表現がなかなかでない!!

せいぜい付加疑問文を多用するくらい?(~isn't it?とか)
でもこれってつけれるようになると病み付きになるんですよね。
特にdidn't I??とか好きです。

話、もどって、日常会話を突破していくのが瞬間英作文の第三ステージなんだろうと思います。
日常会話でだとマンネリで表現の拡大がおろそかになっちゃうから足りない部分ってここなんだなぁ、ってなことも感じました。
例文集には「ネイティブはそんな言い方はしない」とか「応用がきかない」って批判もあるけど、
タメ語で話せるよりも敬語を話したいし、敬語ができたらタメ語もできるのは時間の問題じゃないかなと思う。
実際に「そんな言い方しない」言い方で話したとしてして、指摘されればそのときに修正はきくし、応用はきかないどころか核を押さえていれば問題ないと思う。

どん作とワークアウトが終わったら洒落た言い回し例文集するのが楽しみ楽しみ!
[PR]
by ghairk | 2007-01-12 21:37 | 英語
<< フォレストと精読の開始 瞬間英作文の話 >>