10月に導入する新たな学習法は

いつも間にかもう10月だ!
はえー。

9月の始めに始めた只管朗読はこれまで何とか頑張って続いていて今のところ欠席(休み)なし。Parrot's Lawで修行のごとく何百回も同じ曲や課題を繰り返したのがここに来て間接的に役に立っている気がする。毎日50回×2課は確かに疲れるし、何せノド痛くなって、集中もせいぜい1時間とか1時間半しか持たない。よって第6周目からは30回にへらそうかと思案。計画では各課を50×10周で約2ヵ月半、500回の只管朗読予定だったけど50回だと1課につき2,3時間かかっちゃう。復習を考慮して一日2課しているので総計5時間。ぶっ続けでやれる集中力はないので大体、倍はかかります。

これでは音読しかできねぇ!

そろそろ次なる法を取り入れたいのでこれじゃ隙間なし。30回だと1時間ほどで片付けられそうだし密度もこくなりそう。10周までで500回に満たなかった分は気長にその後何週間かに分ける事に。

次なる勉強法として白羽の矢が立ったのは「英語上達完全マップ」に紹介されている瞬間英作文

ただ、ずーーと迷っているのが教材。サイトで紹介されているのはイワユル市橋本。ただ趣旨が同じ本が山のようにあって。決めかねていてネット書店を見ているとワークアウト123+―英語体得学習法というかなりよさそうな本を発見!ホームページ
見た目もカッコウイイし、見開きで日本文英文がのっているのがいいです。立ち読み吟味した市橋本の24時間シリーズは見にくそうだった。英語口シリーズはカッコウイイけど例文数のわりには高いなっておもってた。

しかーし!時には優柔不断もいいのかも。英語上達マップの森沢さん自身が瞬間英作文の本を出すそうではないか!Yahoo!ブックスの新刊のリストに10月中旬って載っていたのを発見。

これは、どうする!一歩引いて待って見るべし。瞬間英作の発明者が作る本だからなぁ。

いつの間にかモーツァルト英会話は自然終了しました。(第4周で)
[PR]
by ghairk | 2006-10-01 23:27 | 日常のヒトコマ
<< ぜったい音読のディビッド・グレ... 必死で只管朗読している >>