必死で只管朗読している

朗読開始から約三週間。
けっこうたいへんだ。

本文は12課で1課で大体200~400語。
CDは2分前後。

内容はそんなに難しくはないけれどこれを50回×2課、しかも毎日となると喉も痛くなる。
エンジンがかかるのが非常に遅いため出だしが悪いと音読と眠気ととの戦いが深夜におよび戦いを終えた暁にはグロッキー。

ただの朗読では飽きるし面白くないので、CD音読(これってオーバーラッピング?)、復誦(リピーテング)、影誦(シャドーイング)を効果的に(かはわからないが)織り交ぜ奮闘中。

繰り返し復習の日程で3周目に入った課もあるんだけど、これまた定着感とかスラスラ感が徐々に出てきたのがわかってこれがまた楽しいのです。さらに時たまs/t/p/kとかの子音がキレが良い時は(例えばイヤホンからもれるシャカシャカ音みたいな)なんかうれしい。

問題は取り掛かりを早くすること、当面。
[PR]
by ghairk | 2006-09-18 19:15 | 英語
<< 10月に導入する新たな学習法は すっかり秋だ >>