毎日モーツァルトを聴く

読む本、読む本に影響されるのもどうしたものかとーーーー

思うのですがー、

奇跡の「聴覚セラピー」―心とからだを癒す「音」の世界

を例のごとくかりて読んでみた。

トマティスセラピーはすごいと思った。
モーツァルトはすごいと思った。
でもってイルカはすごいと思った。


そのセラピーは語学習得でも有名で体質や性格、持病、自閉症にまで
効果をみとめているから本当に「奇跡の」セラピーでしょう。

もっとも、興味はその語学にあったので早速HPを見てみますがーーーー、

経済的に手が出ない。(大)
地理的に難しい。(小)



なので、自力でこれに近い事を擬似的にしてみようと試みる。
人間、経済的に豊かでなければ知恵を働かせるものなのか。

モーツァルトの曲のCD約70分をパソコンで
8KHz以下の周波数をカットしてCD-Rを製作。
これを毎日、ヘッドホンで一ヶ月聴いてみるべし!!!

フリーソフト使っての加工なんで、音質がそのとおりになってるかとか、
CD-Rに焼いてるので周波数だめになってんじゃないのとか、
普通のヘッドホンなんで意味ないんじゃないのとかいう疑念はまとわりつきますがーーー

疑似薬効果っていうのがあるじゃないですか。

ちなみに、こんな事より地道に「音読に励めよ」って言う気持ちは常にもっているのである。
[PR]
by ghairk | 2006-08-05 16:44 | 英語
<< Parrot's La... トラックバックで100万円の旅が! >>