がめつい外国人を見た

極度の運動不足を解消するため先月より水泳を開始。
週二回ほど泳いでおります。

最初はバテバテだったけどようやくなれてきたかな。


先日もプールで二時間泳いで、帰る前、外で持参したダカラを
飲みながら充実感に浸っていると受付で何やら係りの人が客ともめている。

どうしようかと迷ったがもめている相手が外人だったため
少しは役に立てるかと思い参戦した。

するとどうやら超過料金の事でもめている模様。

係りの人が言うには子供が時間をオーバーしてでてきたと。
(この外国の女性は小学生の子供の女の子二人ときていた)

客はオーバーしていないと言い訳。

係 「私はあなたが入ってくる時間を記録していました」
     (と入室時間と退室時間を記録した紙を見せる)
   「この人達はいつも退室時間を越えるので今日はこうして記録してたんですよ」

外人「ワタシハ オーバーデナイ。21プンニ ハイッタ」

係 「21じゃないよ、20でしたよ。トゥエンティ、トウエンティ」

私 「係の人が記録してたといっていますよ、20分に入ったそうですから超過払わないと」

(英語で説明しようかと思ったけど、結構日本語わかってそうなのであえて日本語で話す)

外人「ナカノトケイ ソウジャナイ。The clock inside is different, hey look.」

係 「日本語で話してください。日本語わかりますか」

外人 「モチロン ニホンゴ デ ワカリマス ヨ」

ここで他の係の人2人も登場。

係2(女性)「あのね、あなた方いつも遅れるの。遅くなって」

外人「ソンナコトナイ。ワタシ シャンプー シナイ、デモ シタ トイウ。ホカノ ヒト チュウイ シナイ!」

(係2が鞄にふれる)

外人 (激高して)「Don't touch me. Don't do that! I'm tired of it!」

係3 「○○さん、触っちゃだめです、触っちゃいけません」(と制す)

子供 (完璧に流暢な日本語で)「私達が外国人だからいつもいじめようとするの」

私 「そんな事はないよ」



といってもめているうちに彼女達は私の肩をポンとたたいて「Thank you」
と言いながら帰っていきました。
まぁ、この時点で支払い拒否で通報されてもおかしくないと思ったが…。

あとで係の人に聞くと毎回マナーが良くないのだとか。
この日は証拠を提示したにもかかわらず言い逃れ。
都合が悪くなると英語で激高。
いつもは子供が通訳するのに、都合が悪いと黙るそうでした。

(小学生だったけど日本語が全く完璧で少々驚きました)


このプールでは入室時に件を提示して係の人が退室時間を書き込んで半券を返してくれます。
確かに二時間400円で1分でも遅れたら超過料金と、注意書きがアリマス。


この外人は券をいつも無くしたというのだそうです。三枚も。
今回もそう。
時計は入口、更衣室、プールの中とあるけど全部電波時計で整っているらしく。

つまりこの人の言い訳は全くもって筋が通んなかったわけ。


っていうか、ここは日本なんだよ!!カナダじゃねーんだよ!!


高々数百円の料金踏み倒すなよ!!!

毎回五分前に出てりゃ問題ねーんだよ。

鞄に触れたくらいで日本じゃ激高しないんだよ、裁判にならねーんだよ!!

都合悪くなって外人だからっていうんじゃねーよ!!

しかも子供に言わせんじゃねーよ!!!!!!!!!

日本人がいっつも黙って笑ってゆるすとおもったらおおまちがいなんだよ!!!

そんなの↑和田アキ子しか通用しねーんだよ!!!!!!!!!

話しが終わってねーのに帰るんじゃねーよ!!
ボケェ!!!!




あーーースッキリした。

係の人はあきれていましたし、まぁ、公営だからそう簡単には通報もできないでしょうから
担当の人に相談して対処してみるっていってたけど。

こんなん、普通うだったら、デキンですよ、デキン、出入禁止!


何に腹がたったっていうと、係の人の正当性を理詰めで英語で説明してやれなかった
自分にむしょうに腹が立ちました。ナサケネー。

でもまぁ、久し振りに欧米人のヒステリックな口論の仕方をみました。
典型的な。

自分のポリシーはあって良いと思うけど、日本の規律、規則を守る
文化も学んでくれよって思いますよ。(最近はまもんない日本人多いけど)

そんなことも説明できたらよかったけど、なにせ剣幕がスゴカッタモンデ。

その後どうなったか。次回のプールが俄然ワクワクしてきた。
[PR]
by ghairk | 2006-06-02 15:08 | 日常のヒトコマ
<< 2曲目のIn my life Parrot's La... >>