イギリスで恋しくなるもの

久々に英国の事。

日本を出ると、

1、(行動、考え方などが)日本人である事
2、日本食が染み込んでいる事

を客観的に、そして痛烈に自覚できると思う。
特に食べ物は生まれてから大概毎日三回は食事でとるので、
まさに「自分と言う者」で、からだに染み込んでいる。

アタシはそんなに好き嫌い無いからスバラシイイギリス料理でも
おいしく食べれるけど(ライスプディングを除く)日本食は絶対食べたくなります。

代表格はお米、麺類、魚類。

中でもインスタントラーメンは本当に良く食べた。

よく買っていたのは六個で1ポンドの「コカ」っていうラーメン。
パッケージには英語、中国語、アラビア語とかで説明が書いてあったから
原産はどこの国かわかんない。
味は10種類くらいなったかなぁ?

韓国ラーメンの「辛ラーメン」とか「ノグリ」もおいしかったけど
一個50ペンス位したから貧乏学生としては中々手が出なかった。
今では日本でも結構見かけるようになりました。

日本の出前一丁とかもあったけど基本的に高かったからあんまり買わず。


ところが、去年英国に行った時いいものを発見!

テスコ麺 一個8ペンス(約16円)

さすがはテスコバリュー、安い!!!
アズダには昔からあったけどテスコにも遂に登場したかとうれしくなる。

味は三種類でチキン、カレー、ベーコン。
トビキリおいしいわけではないけれどもコカよりは全然マシ。
ちなみに細めんデス。
毎晩夜食に食べました。

日本のラーメンは安売りで六個150円くらいだから16円は安い。
でも、16円で納得の味でもあります。
[PR]
by ghairk | 2006-04-26 19:05 | 英国
<< 電子名詞 100円ショップの世界的実力 >>