100円ショップの世界的実力

ありました、ありました!!

数取器は「カウント君」の名前で「ザ・文具」コーナーに!

ストップウォッチは150円だけど、普通に使えて問題なし!

ただ、照明ランプは400円でショボかったためホームセンターで
1000円のクリップライトを購入。

カウント君は999までの計測だけど十分です。(ホームセンターのは9999まで)
1000回以上音読しても又ゼロからはかればいいし。

ダイソーって本当に色々ある。

100円ショップは日本が誇れる、ある種の凄い文化だと思います。

アイデアと品物の精巧さ、本当に凄い!

英国にPound Shopってのがあったけど、まず比較になりません。
ほとんどの品物が、

「こんなモンに200円払ってられるか!」

って物バッカリ。

今なんか1ポンド205円でしょ、たっけー。
昔は160円台の時もあったのに。

昔は良かった。意味もなく。

英国にはカウント君みたいのとか絶対ないと思うし、
あっても正規の数取器で10ポンドとかしてそうだ。

ともあれ、学習道具はきっちり揃いました。
カウント君はParrot's Law一曲目の122で止まっているけど。
[PR]
by ghairk | 2006-04-26 18:23 | 英国
<< イギリスで恋しくなるもの 学習の友 >>